MENU

カテゴリー

おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニーがピロリ菌を除菌できる理由&正しい飲み方は?

ピロリ菌が胃炎や胃潰瘍といった胃の病気に深く関わっているのは周知の事実ですよね。

ゆえに、ピロリ菌撃退のためにマヌカハニーを摂取されているかたは多いのではないでしょうか。

このページでは、【マヌカハニーとピロリ菌】の関係についてご紹介します。

マヌカハニーがピロリ菌を除菌できる理由&正しい飲み方は?

マヌカハニーはどうしてピロリ菌の除菌ができるの!?

まず、ピロリ菌の存在について。

ピロリ菌とは
ピロリ菌とは、胃の表面に覆っている粘膜に付着してしまう細菌です。放っておくと慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの胃の病気を発症します。最悪の場合には胃がんを発症することも。基本的には、免疫機能が低い幼児期に感染し、一度感染すると除菌しない限りは消滅しないと言われています。

そんなピロリ菌ですが、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールという成分が有効的に働くと言われています。

日本
日本の医療機関では、胃がんの原因となるピロリ菌の駆除をはじめ、胃潰瘍、過敏性腸症候群などへの効果が発表されています。
ニュージーランド
ニュージーランドの多くの医療機関では、「ピロリ菌やメチシリン耐性黄色葡萄球菌に対する殺菌作用が、ガン細胞の増殖を抑えて腫瘍を減退させるパワーがある」という報告が上がっています。

マヌカハニーとピロリ菌の関係は、世界のいくつもの医療、研究機関で発表されていますので、十分に信頼できる事柄と言えるのではないでしょうか。

マヌカハニーを最大限に活かすピロリ菌の除菌方法【正しい飲み方】

ピロリ菌の除菌を期待して食べる場合に限らず、マヌカハニーの正しい飲み方、食べ方のベストは、空腹時にスプーンですくって口からそのまま食べる(経口摂取)です。メチルグリオキサールのパワーをより吸収できるからです。

注意
胃の中に食べ物が入った状態の食後では、マヌカハニーの栄養素を十分に吸収できません。起床時、空腹時、就寝前など、胃の中に不要なものがない状態で摂取しましょう。

ビッグベア

空腹時の経口摂取はもちろんですが、やはりコツコツとマヌカハニーを食べることが大切になります。ちなみに、適量は一日20~50mlと言われています。大さじ一杯15ml(約9グラム)、小さじ一杯5ml(約3グラム)ですので、体質や体調に合わせて食べてみましょう。

ピロリ菌を除菌できる期間はどれくらい?

ピロリ菌は毒性が強いので、病院で処方される抗生物質でも100%除去できないこともあります。数回の薬物治療が必要になるほど、ピロリ菌の除菌は難しいと言われています。

ビッグベア

つまり、たとえば「マヌカハニーを〇日間摂取したら、ピロリ菌が除去できる!」という確証はありません!

とはいえ、前述しましたが、日本やニュージーランドの医療・研究機関では、【マヌカハニーとピロリ菌の関係】についてポジティブな発表がいくつもされています。

ビッグベア

たとえば、マヌカハニーを毎日摂取した十二指腸潰瘍の患者さんが、3ヶ月後にピロリ菌が陰性になったという事例も。もちろん個人差はあるのですべてのかたに当てはまるわけではありませんが、体質によっては効果が現れるでしょう。

こうした事例をはじめ、マヌカハニー商品の口コミにはピロリ菌に関する評価もちらほら見られますので、口コミが口コミを呼んでいると言うのが実状ではないでしょうか。

マヌカハニーと胃腸炎の関係|腹痛時に重宝する最大の理由とは

マヌカハニーはピロリ菌以外で、どんな菌やウイルスに効果あるの?

マヌカハニーが重宝されているのでは、ピロリ菌の除菌効果だけではありません。

ピロリ菌以外には、どんな菌やウイルスを除菌してくれるの?

マヌカハニーはピロリ菌の他にも、細菌性胃腸炎の原因となる病原性大腸菌、腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラ、腸炎ビブリオ、エルシニア、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌などには効果を発揮すると言われています。

とりわけ、マヌカハニーが腹痛時に重宝されるのは、これらの細菌に効果を表すからと言えるでしょう。

ビッグベア

ピロリ菌といった細菌をはじめ、胃痛、下痢、便秘、胃潰瘍、胃腸炎などの腹痛時に飲んでみてはいかがでしょうか。

インフルエンザの治療に効果的という噂は本当?

マヌカハニーにはインフルエンザの治療に役立つという噂がありますが、これは、長崎大学の大学院医歯薬学総合研究科の研究グループによる学術論文によるもの。【メチルグリオキサールに抗インフルエンサの作用はるのか】を検証した結果です。

MEMO
長崎大学の学術論文「Archives of Medical Research」で発表されました。「マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールという成分がインフルエンザ治療薬のタミフルやイレンザの効果を強めてくれる」という研究結果です。

マヌカハニーだけでインフルエンザを治療することは難しいですが、インフルエンザの治療薬と併用することで快方を早める可能性があると言えます。学術的に研究と検証が行われているため、信憑性は高いですよね。

【まとめ】

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールという成分がピロリ菌に有効的に働くと言われています。日本やニュージーランドをはじめ、世界の医療機関でその殺菌作用が報告されていうます。ピロリ菌の除菌目的に限らず、マヌカハニーの栄養価を最大限に引き出せるのは、空腹時にそのまま口から食べる経口摂取です。最低でも3カ月ほどは続けて、体質や体調の変化を感じてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です