MENU

カテゴリー

おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニーを猫に与えるときの量は、どれくらいが適性なの?

マヌカハニーは猫の口内炎や口臭予防にも効果的です。とはいえ、人間とは違ってどれくらいの量を与えるのがベストなのか? 初めての場合には不安になりますよね。

このページでは、「マヌカハニーを猫に与える場合の適量」をはじめ、マヌカハニーが猫ちゃんにもたらす効果などについてもご紹介します。

マヌカハニーを猫に与えるときの量は、どれくらいが適性なの?

猫に与える場合の適量

猫に与える場合は、一般的にはティースプーン1杯ほど(3~5グラム)が適量だと言われています。

初めのうちは一日1回で様子を見るのがベストですが、慣れてきたら一日2~3回と増やしてみてはいかがでしょうか。マヌカハニー商品の口コミを見ると、一日に3回くらい与えている飼い主さんは少なくありません。

適切な与え方

  • 直接舐めさせる
  • 口内炎等の箇所に直接塗る
  • ミルクやキャットフード等に混ぜる

マヌカハニーを直接舐めさせることで栄養分をロスなく与えることが可能になります。また、マヌカハニーには抗菌作用がありますので、口内炎等を発症した箇所に直接塗ることも可能です。炎症や痛みが抑えられる場合がありますので、猫ちゃんが嫌がらなければぜひ試してみましょう。

とはいえ、そもそも「猫がマヌカハニーの味を気に入ってくれない」というケースもあるでしょう。そうした場合は、ミルクやキャットフードに混ぜて与えるのもあり。マヌカハニーは熱に強いので、いろいろな調理パターンで試行錯誤することができます。

いずれにしても、マヌカハニーを持続的に与えることが効果を発揮する最善策ですので、猫ちゃんが続けられる食べ方を見つけてあげましょう。

薬を嫌がる場合にも重宝!
愛猫がお薬を嫌がる場合にマヌカハニーを混ぜて与える飼い主さんは多いそうです。基本的には、マヌカハニーの味が好きな猫ちゃんは多いと言われていますので、苦手な薬も美味しく飲めるかもしれません。

マヌカハニーを猫に与える場合の注意点

マヌカハニーを猫に与える場合の注意点
  1. 仔猫には与えない 仔猫は消化器官がまだ成長していないため、「ボツリヌス菌の芽胞」によるボツリヌス症を発症する危険性が高まります。
  2. 成犬でもアレルギー体質であれば注意 食物アレルギーがある猫ちゃんに与えるのは控えましょう。また、持病で通院している場合や肥満気味の猫ちゃんも要注意。掛かり付けの獣医師にご相談ください。
  3. 初めて与える時 初めて与える際は、慣れないマヌカハニーを急いで食べて窒息するおそれもあります。ほんの少しずつからはじめてください。心配な飼い主さんも多いと思いますので、かかりつけの獣医師にご相談することをおすすめします。

マヌカハニーが猫に与える健康効果とは

 

マヌカハニーは180種におよぶビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますので、人間と同様に猫にも大変な健康効果が見込めます。また、口内炎予防や歯肉炎治癒等の効果があり、体に負担をかけることなく症状が改善できると言われています。

健康と美容に効果あり

体に必要な栄養素を多く含むマヌカハニーを摂取することで、健康維持を期待できます。また、美容効果にも絶大で、マヌカハニー商品の口コミでは「毛並みが良くなった」、「毛にツヤとハリが出た」という飼い主さんの感想も。

口内炎予防、口臭対策

猫は口内炎、歯肉炎、歯周病、破歯細胞性吸収病(破歯細胞が歯をとかして穴をあける病気)等になりやすい動物です。人間よりも重症化しやすいと言われ、猫が口内炎を発症するのは多くの理由がありますが、中でも腎不全がなりやすい病気の一つだといわれています。腎不全により、尿毒症を起こした猫の呼気にアンモニアが含まれ、口腔内が荒れてしまい、口内炎を引き起こします。

皮膚疾患予防

アトピー性皮膚炎やニキビ等の皮膚疾患に、マヌカハニーをぬると症状の改善効果があるといわれており、治療に使用している飼い主さんも結構います。

猫に与える場合、マヌカハニーの数値はどれくらいが適切なの?

まずはアクティブマヌカハニーで試したい

初めて与える場合は、一般的な数値であるアクティブマヌカハニーと呼ばれるUMF10+レベルがおすすめです。

あくまでも目安となりますが、以下はUMF、MGO、MGSの換算表です。

UMF5+MGO100+MGS5+料理の隠し味に適する
UMF10+MGO250+MGS8+健康維持に適する
UMF15+MGO500+MGS12+体調不良時に適する
UMF20+MGO850+MGS16+喉の痛みがある時に適する
UMF25+MGO1100+MGS20+医療用としても使える抗菌力

このように、数値レベルによって用途はまったくと言っていいほど違います。

アクティブマヌカハニーと呼ばれるUMF10+レベルでも十分に効果を発揮しますが、ひどい口内炎や歯肉炎などの場合はより高い数値を塗ってあげましょう。

猫の口内炎は悪化しやすいため、高濃度のマヌカハニーが最も効果的に症状を改善してくれるはずです。ちなみに、日本の獣医師さんのなかではマヌカハニーを勧めるかたが多く、数値の高いものが好ましいと言われています。

マヌカハニーのおすすめメーカーを厳選【初心者向けベスト5】

【まとめ】

マヌカハニーを猫に与えるときの量は、ティースプーン1杯ほど(3~5グラム)が適量だと言われています。スプーンや手から直接舐めさせるのが最も効果的ですが、ミルクやキャットフードに混ぜてもマヌカハニーの効果が減退することはありませんので、猫ちゃんの好みに合った摂取法をみつけて与えてあげましょう。また、マヌカハニーを持続的に与えることが効果を発揮する最善策と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です