MENU

カテゴリー

おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニーが「危険」、「効果なし」と言われてしまう理由とは

マヌカハニーは、世界的にも有名な健康食品のひとつです。殺菌力が強いうえ安全性も高いことから、妊婦さんをはじめ、世界の医療現場でも使用されるほど重宝されています。

しかし、一部では「マヌカハニーは危険!」、「食べても効果なし」というコメントも目立ちますが、なぜそんなマイナスなことを言われてしまうのか気になりますよね。

「マヌカハニーを買ってみたいけど不安」、「本当に効果あるの?」と不信感を抱いているかたは必見。このページでは、マヌカハニーのネガティブ情報の裏側についてご紹介します。

マヌカハニーは、なぜ「危険」と言われているの?

一部では「マヌカハニーは危険」という声もありますが、そういったコメントが挙がるにはおもに4つの理由が考えられます。

ボツリヌス菌(芽胞)の危険性

ハチミツ(マヌカハニー)には、1歳未満の乳児に悪影響を与えると言われているボツリヌス菌(芽胞)が含まれていることがあります。このボツリヌス菌の存在こそ「危険」と言われてしまう最大の原因と言えるでしょう。

きっかけは1987年に「ハチミツを乳児に与えてはいけない」という行政(国)が国民に勧告したことでした。

乳児ボツリヌス症の混乱(1987年)
1987年に多くの乳児が「乳児ボツリヌス症」を発症。すべての赤ちゃんがハチミツを摂取していたことが分かり、行政から「ハチミツを乳児に与えてはいけない」という通達が出されました。

そのため、現在まで脈々と「乳児にハチミツ(=マヌカハニー)は危険」という意識が根付いているのです。

ボツリヌス菌とは……

《botulinus》クロストリジウム属の細菌の一。グラム陽性の嫌気性の桿菌(かんきん)で、鞭毛(べんもう)をもつ。汚染されたソーセージ・缶詰や魚貝の塩漬けなどで繁殖し、強い外毒素を産生する。中毒すると死亡率は高い。

出典:「デジタル大辞泉」の解説より

1987年に「乳児ボツリヌス症」を発症したすべての赤ちゃんは経口摂取だったそうです。

つまり、1歳未満の乳児が危険なのはあくまでも腸内の状態が未熟だからで、妊娠中や授乳中にマヌカハニーを摂っても、ボツリヌス菌が赤ちゃんに伝わることはないと言われています。

ちなみに、ハチミツを食べた赤ちゃんが必ず「乳児ボツリヌス症」を発症するとは限りません。ハチミツにボツリヌス菌が入っていなければ発症しませんし、たとえ入っていても腸管に到達しなければ病気になることはないと言われています。

とはいえ、腸内の環境が未熟な子供に与える場合はリスクがつきまといますので、それを理解したうえでハチミツ(マヌカハニー)を与えるようにしたいものです。

5歳未満も注意!?
マヌカハニーには強い殺菌作用があるため、5歳未満の子どもが摂取すると体内でうまく処理できず、体調不良を引き起こす原因になる――という情報も。リスクをふまえたうえで与えるか考えましょう。

食物アレルギー

マヌカハニーは蜂蜜の一種ですので、当然にビーポーレンアレルギーのかたが摂取するとアレルギー反応が起こる可能性があります。また、これまでに蜂に刺されて異常なまでに腫れあがった経験があるかたも注意が必要です。

これはマヌカハニーに限りませんが、アレルギー反応はいつ生じるか分かりません。今までハチミツを食べて何ともなかった人が、マヌカハニーによって症状が出る場合もありますので十分に気を付けましょう。

糖度の高さ

マヌカハニーには高い栄養素が含まれていますが、ハチミツですので当然に糖分も含有されています。身体に良いからといって決められた量をオーバーして摂取すると、体重の増加や生活習慣病の危険性が高まります。

マヌカハニーの適量
一日20mlから50mlと言われていて、1回の量は5mlから15mlが適量だと言われています。この量を守って摂取していれば、トラブルに巻き込まれることはほとんどありません。ちなみに、大さじ一杯15ml(約9グラム)、小さじ一杯5ml(約3グラム)です。

喘息の人は要注意

喘息の発作は、花粉をはじめダニ、動物の毛やフケ、ハウスダストなど、様々な刺激で起こります。ゆえに、蜂アレルギービーポーレンアレルギーの方が蜂蜜を摂取すると咳やかゆみ、呼吸困難などの症状がでることがあるため、喘息のかたはマヌカハニーの摂取を慎重に行いたいものです。

マヌカハニーを摂取することによって体調不良を引き起こす可能性があるため、喘息持ちのかたは掛かり付けのお医者さんに相談しましょう。

ちなみに!
喘息持ちでも、マヌカハニーの消炎効果に期待して愛飲しているかたもいます。すべての喘息持ちのかたがマヌカハニーを摂ると弊害が起こるわけではありません。

ビッグベア

「ハチミツ(マヌカハニー)を乳児に与えてはいけない」のは言わずもがなですが、食物アレルギーや喘息のかたにも注意が必要です。糖度の高さにも無視できませんので、ご自身の体質に合わせて摂取量を決めましょう。
マヌカハニーのおすすめメーカーを厳選【初心者向けベスト5】

「効果なし」と言われてしまう理由とは?

マヌカハニーの偽物があるって本当?

マヌカハニーの購入者のなかには「効果なし」というコメントもちらほら見られますが、マヌカハニーの偽物を摂取している可能性は高いのではないでしょうか。

ニュージーランドが発表したマヌカハニーの年間生産量は1,600トンですが、世界のマヌカハニーの販売量は1万トン以上と言われています。つまり、ニュージーランド国内の検査を通らずに販売されているマヌカハニーが多数存在しているということです。

こちらは大手ネット通販で5,000円程度で購入しました。UMF15+の数値レベルは「中程度」ですので、もしこの数値レベルのマヌカハニーが2,000円程度で販売されていたら……。値段に惑われずに買いたいものです 。「ワケあり」、「セール価格」といった謳い文句に釣られないようにしましょう。

ビッグベア

残念ながら質の悪いマヌカハニーや偽物が存在しますので購入する時は注意しましょう。

とくにネット通販で購入する際は注意が必要で、購入する際にはUMFに加盟している証である「UMF®」や「MGO®」などの記載があるか確認したり、信頼性の高いメーカーや販売サイトから購入するようにしましょう。

金蜜マヌカハニーUMF12+とは? 実食した味や効果の感想をレビュー

【まとめ】

マヌカハニーは、1歳未満の赤ちゃんや食物アレルギーが心配な人にとっては「危険」な食品です。また、世界に流通しているマヌカハニーのおおよそ5分の4(80%以上!)は低品質であったり、偽物と断言できるような商品ですので、「効果なし」というコメントが多いのもうなずけます。

しかし、世界的に見ればマヌカハニーを予防や治療に使用している医療機関は少なくありませんので、食べ方さえ守ればとても安全な食品です。安心・安全の高品質なマヌカハニーを食べて健康を維持しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です