おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニー歯磨き粉の「青」と「緑」の違いや効果をレビュー

マヌカハニー好きであれば、マヌカハニーの歯磨き粉に興味を持たれているかたは多いのではないでしょうか。

このページでは、マヌカハニーのトップブランドのひとつであるマヌカヘルス社が販売する【マヌカ&プロポリス歯磨き粉】についてご紹介します。

「青と緑はどう違うの?」、「歯磨きした感想は?」、「最安値はどこ?」といった疑問を持たれているかたは必見です。

マヌカハニー歯磨き粉の「青」と「緑」の違いや効果をレビュー

マヌカハニー歯磨き粉の「青」と「緑」の違いはなに?

マヌカヘルス社が販売する【マヌカ&プロポリス歯磨き粉】は、ニュージーランド産のマヌカハニー歯磨き粉です。青いパッケージと緑のパッケージの2種がありますよね。

このふたつ、なにが違うの? と疑問に思われているかたは多いでしょう。

ビッグベア

「青」と「緑」はいずれもニュージーランド産プロポリスと高濃度マヌカハニー(MGO400+)が配合された歯磨き粉ですが、両者の違いは「青」にはティーツリーオイル、「緑」にはマヌカオイルが含まれています。

青いパッケージのマヌカハニー歯磨き粉には、WITH TEA TREE OILの文字が入っています

「緑」には、WITH MANUKA OILと記されています

「青」はティーツリーオイル配合

マヌカハニー歯磨き粉の青色にはティーツリーオイルが配合されています。

ティーツリーオイルとは? 効果は?

ティーツリーとは、フトモモ科コバノブラシノキ属の常緑植物。つまり、ティーツリーオイルとはこの常緑植物の葉から抽出された精油のことです。ティーツリーオイルには、一般的に強い殺菌力があると言われ、皮膚疾患の治療に用いられることが多いです。歯磨き粉に配合される場合は、歯周病の予防や口臭ケアの効果が期待されています。

マヌカヘルスの公式サイトより

マヌカハニーとプロポリスの歯磨き粉とティーツリーオイル ハイグレードのMGO™400+マヌカハニー、プロポリス、天然植物エキスを使用して、歯と歯茎を優しく清潔にし、保護するための、新鮮でマイルドなテイストの天然歯磨き粉。あなたの口を新鮮で清潔にします。フッ化物、人工の色、味、甘味料または防腐剤を含みません。

 原材料:炭酸カルシウム、水、ソルビトール、グリセリン、MGO™400+マヌカハニー、ラウリル硫酸ナトリウム、シリカ、セルロースガム、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、芳香油、リモネン、二酸化チタン、BIO30ニュージーランドプロポリス、メントール、Glycyrrhiza glabra(甘草) )根エキス、ティーツリー油、クロロフィル

警告:プロポリスはアレルギー患者にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。 4歳未満の子供には適していません。

「緑」はマヌカオイル配合

マヌカハニー歯磨き粉の緑色にはマヌカオイルが配合されています。

マヌカオイルとは? 効果は

マヌカは、フトモモ科ギョリュウバイ属の常緑低木。つまり、マヌカオイルはこの常緑低木の葉から抽出された精油です。マヌカオイルには、一般的に殺菌力や消炎作用に優れると言われています。皮膚や呼吸器などの疾患をはじめ、アロマテラピーに用いられることもあります。ティーツリーと同様に歯周病予防や口臭ケアの効果が期待されています。

マヌカヘルスの公式サイトより

マヌカハニー&プロポリス歯磨き粉マヌカオイル ハイグレードのMGO™400+マヌカハニー、プロポリス、天然植物エキスを使用して、歯と歯茎を優しく清潔にし、保護するための、新鮮でマイルドなテイストの天然歯磨き粉。あなたの口を新鮮で清潔にします。 低発泡ラウリル硫酸ナトリウム、フッ化物、人工着色料、香料、甘味料、保存料は一切含まれていません。

原材料:炭酸カルシウム、水、ソルビトール、グリセリン、MGO™400+マヌカハニー、ラウリルグルコシド、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、芳香族油およびリモネン、二酸化チタン、BIO30™ニュージーランドプロポリス、メントール、Glycyrrhiza glabra(甘草) )根エキス、Leptospermum scoparium(マヌカ)油、クロロフィル

警告:プロポリスはアレルギー患者にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。 4歳未満の子供には適していません。

ビッグベア

公式サイトの成分表を見る限り、【ティーツリーオイル(青)】と【マヌカオイル(緑)】以外の違いはありませんでした。

※あくまでもビッグベア個人が調べた見解です

マヌカハニー歯磨き粉の「青」と「緑」の使用感や効果は?

実際に歯磨きした感じはどう?

まずは、「青」と「緑」の見た目の違いをご覧ください。

写真の撮り方が同条件ではないので(ヘタですみませんm(__)m)、色や性質が違うように見えるかもしれませんが、両者とも見た目はクレイ(粘土)のような感じです。「青」も「緑」も灰色と緑色が混じったような不思議な色合いをしています。

ビッグベア

どちらもすこしザラザラした舌触りです。ビッグベア的には「青」のほうがややミントが強いかなと感じましたが、口コミを見ると「大きな違いはない」、「青も緑もあまり変わらない」というご意見も見られます。ご参考までに。

ビッグベアの使用感や効果について

  • 見た目はクレイ(粘土)のような性質
  • 舌触りがすこしザラザラしている
  • 市販の歯磨き粉より泡立ちが抑え気味
  • スースー感(メントール)は弱め
  • 磨いた後、口の中がサッパリする
  • 以前より口臭が気にならなくなった(個人的な感想です)

マヌカハニー歯磨き粉はどこで買えるの?

マヌカハニー歯磨き粉の「青」と「緑」は、いずれもアマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピングといった大手ネット通販で購入できます。アイハーブ(輸入サイト)でも「緑」のみ購入することが可能です。

>>最安値の845円(送料別)で購入できるアイハーブの公式サイトはこちら

最安値はどこ?

2019年1月現在、最安値はアイハーブの845円(送料別)です。とはいえアマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでも、おおむね1,000円前後で購入できますので、大きな違いはないでしょう。ライフスタイルに合わせて購入場所を決めてはいかがでしょうか。

ビッグベア

少しでもお得に購入したい場合は、下記のようなまとめ買いがおすすめ。

【まとめ】

マヌカハニー歯磨き粉の「青」と「緑」は、いずれもニュージーランド産プロポリスと高濃度マヌカハニー(MGO400+)が配合された歯磨き粉です。そして、両者の違いは「青」にはティーツリーオイル、「緑」にはマヌカオイルが入っています。

ティーツリーオイルとマヌカオイルは、同じフトモモ科の植物から抽出されましたので、殺菌作用や消炎作用といった基本的な効果については大きな違いはないようです。

ビッグベア(当サイト)の個人的な使用感は、「青」も「緑」も市販の歯磨き粉よりは、泡立ちが少なく、ミント感も少ないように思います。使用後のサッパリ感が持続しますし、口臭が以前より気にならなくなったことも特徴的だと感じました。

マヌカハニー好きであれば、ぜひ一度は試していただきたい歯磨き粉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です