MENU

カテゴリー

おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニーの基準「NPA」や「TA」をあえて選ぶメリットとは?

マヌカハニーには、効果や効能を示す「UMF」、「MGO」、「MGS」といったアルファベットの基準がありますよね。

この3つの基準はいずれもニュージーランド政府が正式に認定しているブランドマークですが、ほかにも「NPA」や「TA」といった表記の商品があるのもご存知でしょうか?

知名度はマイナーですが、商品の口コミを見ると「NPA」と「TA」にも特有のメリットがあります。このページではマヌカハニーのブランドマークの 「NPA」と「TA」についてご紹介します。

マヌカハニーの基準「NPA」や「TA」をあえて選ぶメリットとは?

マヌカハニーのNPA(Non Peroxide Activity)|そのメリットは?

NPAの「Non-Peroxide Activity」を日本語に訳すと「過酸化水素以外の効果」です。

つまり、はちみつに含まれている殺菌作用物質である「過酸化水素」以外の物質「食品メチルグリオキサール」だけを対象に検査したマヌカハニーです。

数値はおもにNPA5+、NPA10+、NPA15+、NPA20+の4種。数値が高いほど食品メチルグリオキサールの密度が濃い(=抗菌活性力が高い)と言え、このあたりはUMFやMGOと同様の効果も期待できるでしょう。

しかし、メジャーなUMFやMGOとの決定的な違い(デメリット)はニュージーランドの政府機関による厳正なチェックがされていないことです。NPAは、簡単に言えば「独自の検査でラベル表記している」ということになります。

ビッグベア

NPAマヌカハニーの流通が日本で少ないのは、やはりニュージーランドのお墨付きがないのが大きいでしょう。
NPAをあえて選ぶメリットは?
市場での厳しい品質検査がありませんので、認証にかかる手間や費用を削減できます。ゆえに、メジャーなマヌカハニーより価格設定が低いというメリットがあります。品質保証の低さを理解できるのであれば、お買い得のマヌカハニーとなるでしょう。

NPA、UMF、MGOの数値比較

NPA5+UMF5+MGO83~MGO260
NPA10+UMF10+MGO261~MGO353
NPA12+UMF12+MGO354~MGO511
NPA15+UMF15+MGO512~MGO691
NPA18+UMF18+MGO692~MGO822
NPA 20+UMF 20+MGO 823以上

 マヌカハニーのTA(Total Activity)|そのメリットは?

トータル・アクティビティーの名前のとおり、はちみつに含まれている全成分の殺菌力を表した基準です。

一般的なマヌカハニーは、メチルグリオキサール(MGO)の数値やフェノール溶液の濃度(UMF)を表したものですが、TAは抗菌成分のメチルグリオキサールと過酸化水素(以下、HP)を合わせた数値です。

また、TAはフェノール溶液の比較等級法で検査を行っていて、黄色ブドウ球菌への殺菌力が同濃度フェノール溶液と同効果が得られるかも調べています。

つまり、NPAと同じようにニュージーランド政府のチェックは通っていませんが、十分に効果が期待できるハチミツと言えるでしょう。

TAをあえて選ぶメリットは?
はちみつの種類に関係なく抗菌活性度を数値化できるメリットがあります。価格はUMFやMGOなどと比べると各段に安価。

TAとジャラハニーの関係

マヌカハニーの商品を検索していて、「ジャラハニー」というはちみつの存在を知ったかたは少なくないでしょう。

オーストラリア産のはちみつで殺菌力が高いことで有名な「ジャラハニー」は、マヌカハニーに匹敵する抗菌力を持つことで知られていて、TAの検査方法が用いられています。※ちなみにオーストラリア産のはちみつはUMF、MGO、MGSの表記ができません。

ジャラハニーとは

ジャラハニーは、オーストラリアのみに自生するユーカリの一種であるジャラという高木から採取したはちみつです。ユーカリのはちみつに含まれているHPは、世界でもトップクラスの殺菌力・抗菌作用を持つことから、たびたびマヌカハニーと比較されます。

TA表記のマヌカハニーを購入する場合の注意点

TA表記のマヌカハニーは、抗菌活性度の強さが比べにくいため、数値表記の信頼性が未知数と言われています。たとえば、抗菌力がMGO10+、HP10+の場合、ラベル表記はTA20+と記されますが、実際のMGO含有量が記載されていない商品が多いのです。初めてTAジャラハニーを購入するかたは、数値の低い安価なものから試すのがいいでしょう。

NPA、TAのマヌカハニー口コミ

大手ネット通販(アマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピング、アイハーブなど)の口コミを採取しました。

NPAとTAのマヌカハニーは、ニュージーランド政府のお墨付きがありませんので信頼度に欠ける面があります。しかし、数値の測定法はニュージーランド政府認定のUMF、MGO、MGSと通じますし、お手頃な価格で購入できますのでたくさんのファンを惹きつけています。

NPAマヌカハニーのおもな口コミ

マヌカハニーってどれも高いですよね。いろいろと調べて、ようやく見つけたのがNPAのマヌカハニーでした。味は「クセのあるはちみつ」といった感じで、食べにくさはありません。10月頃から風邪予防のために毎朝食べるようになり、1カ月ほどになります。体調的には順調でマヌカハニーのパワーを実感している日々です。

安いのでNPAのマヌカハニーを購入しています。そのまま食べるのはもちろん飲み物に入れたり、美味しく頂いてます。おかげさまで、喉も痛まず風邪にもならず過ごせております。4歳の子供にも食べさせていますが、慢性中耳炎の影響で出てしまう鼻水が止まるようになりました。家族みんなで食べられるので重宝しています。コスパが良いので続けやすい。

NPA20+を1年以上前から食べています。500グラムの大サイズを8,000円前後で購入できるのは大きい。インフルエンザ予防で食べるようになって、いまのことろ大きな風邪もひいていないので、このまま冬を乗り切れればと思っています。我が家の食べ方は冷蔵庫で固まらして、飴の様な感じで食べてます。トロトロのマヌカハニーより美味しいいただけます。

今回はおばが唇にヘルペスができてしまったので、プレゼントする為に購入しましたが、私自身も喉の痛み、歯の痛み、胃痛、風邪予防にこちらのマヌカを舐めています。薬を飲むより効くのでは? と思うくらいです。うちではマヌカが常備薬です。お値段は普通の蜂蜜と比べれば高いですが、それなりの効果は期待できます! 味は最初はクセを感じますが、毎日舐めていると気にならなくなりました。

NPAのマヌカハニーは、お手軽な価格が大きな魅力と言えるでしょう。

TAマヌカハニー(ジャラハニー)のおもな口コミ

オーストラリア旅より帰国。現地の農園で購入したはちみつが美味しかったため、近いものを探していました。現地購入とくらべると価格はなんとも言えませんが、味もやわらかさも香りもはちみつそのものは満足です。

紅茶に入れるはちみつを探していて、レビューが高評価だったので購入しました。弱っていた老犬にも少し与えてみたところ口臭が改善されたように思います。私は風邪を引くなくなって、歯周病も落ち着いています。ジャラハニーは、販売店によって微妙な成分(砂糖が入っている?)のものがありますので、正規のお店がおすすめ。

ジャラハニーのシェアは、一般的なマヌカハニーとは比べられないほど小さいですが、根強い支持者がいるのは確かなようです。NPAよりも安価に売られている傾向があります。

マヌカハニーの「NPA」、「TA」をあえて選ぶ最大の理由【まとめ】

NPAやTAといったブランドマークは、UMFやMGOなど有名な表記と比べると「安心感」という面では劣ります。しかし、それぞれの検査機関で確かな数値が示されていますので、信頼できる基準と言えるでしょう。何よりメジャーな商品と比べてお手頃な価格で販売されているのが、多くの愛飲者を惹きつける理由と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です