MENU

カテゴリー

おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニーの摂取で妊婦が気をつけるべき糖質について

妊娠中は薬(風邪薬や栄養ドリンクなど)が容易に飲めないので、マヌカハニーのような健康食で健康管理する妊婦さんは多いと思います。

その際に気をつける要素のひとつが「糖質」ではないでしょうか。このページでは、マヌカハニーと糖質の関係についてご紹介します。

マヌカハニーの摂取で妊婦が気をつけるべき糖質について

妊婦さんはマヌカハニーを食べなくても糖質過多には要注意!?

妊娠したことで、心や身体に変化を感じた妊婦さんは少なくないはず。ちょっとしたことでイライラしたり、涙もろくなったり……。

とくに「食生活が大きく変化した」というかたは多く、妊婦さんのなかには「妊娠してから体重が増えた」、「血糖値が高くなった」というケースは少なくないそうです。

ひどくなると、高血糖あるいは糖尿病と診断されるケースも。ゆえに、マヌカハニーを食べる食べないに関わらず、妊婦さんは糖質の摂り過ぎに十分注意しなければなりません。

ということは、マヌカハニーを食べている妊婦さんであれば、なおさら糖質過多には気を付けなくていけませんね?

ビッグベア

もちろん! マヌカハニーには健康や美容によいといわれる効果が期待されていますが、果糖やブドウ糖なども多く含まれています。「糖質の量が心配」という妊婦さんは、マヌカハニーの摂取量には注意しなくてはなりません。

すでに体重の増加や糖質制限などが気になるかたは、かかりつけの医師に相談してから摂取するようにしましょう。

妊婦さんの適正量は?

マヌカハニーを食べることに問題ないと診断された場合でも食べすぎは禁物です。

マヌカハニーの適正量は一日20~50mlと言われています。とくに妊娠中におすすめの量が公式で発表されているわけではありませんので、これを目安に体調や体質に併せて調節してみてはいかがでしょうか。

ビッグベア

ちなみに、ティースプーン1杯分は約5mlですので、一日に3~4回の摂取で合わせて15~20mlとなりますね。目安として覚えておきましょう。

摂取するタイミングは空腹時がおすすめです。理由は、ほかの食物の影響を受けず、ダイレクトにマヌカハニーを体内に吸収することができるからです。マヌカハニーの効果がより実感できるかもしれません。

妊婦さんがマヌカハニーを摂取するうえで、糖質以外で注意する点は?

妊婦さんがマヌカハニーを摂取するうえで、糖質以外で気を付けるべき点があります。それは、食物アレルギーを持っているかです。

ビッグベア

食物アレルギーは、人によってそれぞれ対象になる食物が異なります。妊婦さんの場合、突然に体質が変わることも考えられるので、「妊娠前はハチミツアレルギーを持っていなかった」という人も注意しておきましょう。

食物アレルギーには、蕁麻疹や口元の痺れなどがあり、ひどい場合にはアナフィキラシーショックを引き起こすことも。

少量から始めるなど、最新の注意を払って食べてみてはいかがでしょうか。

マヌカハニーを妊婦さんにおすすめしたい3つの理由

マヌカハニーを摂取しても問題ないと診断された人、あるいはアレルギーを持っていない人であれば、適正量を正しく守って摂取すれば、妊婦さんにはうってつけの健康食と言えるでしょう。

MEMO
マヌカハニーに含まれる「メチルグリオキサール」には高い抗菌作用があります。大腸菌やピロリ菌といった人の身体に害をもたらす細菌を除去してくれる殺菌作用があると期待されています。また、便秘や下痢の緩和、虫歯予防、風邪やガン予防、やけど切り傷などへの効能もあるといわれており、万能薬としても活用されています。

マヌカハニーを妊婦さんにおすすめしたい3つの理由はこちらです。

01/インフルエンザの予防、風邪の諸症状の緩和に効果的

先述しましたが妊婦さんは容易に風邪薬や栄養ドリンクが飲めません。ゆえに、インフルエンザはもちろん、風邪にも細心の注意を払いたいものです。マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールには、大腸菌やピロリ菌といった人の身体に害をもたらす細菌を除去してくれる殺菌作用があります。つまり、体内に入ってきたウイルスの増殖を抑えてくれることが分かっていますので、マヌカハニーの摂取は予防策のひとつになるでしょう。

ビッグベア

また、ビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれているので、風邪の症状(鼻づまりや喉の痛みなど)がつらいときや食欲がないときにも効果的です。

02/整腸作用

妊娠中は便秘になりやすい傾向にあります。マヌカハニーの成分のひとつであるグルコン酸は善玉菌の増殖を促しますし、メチルグリオキサールは悪玉菌を殺菌する効能があります。このように、マヌカハニーには腸内環境を整えてくれる成分が揃っていますので、便秘だけではなく、下痢の緩和にも効果が期待できるでしょう。

03 /虫歯予防

妊娠中は、甘いお菓子を自重したり、歯磨きを徹底しても、歯や骨が弱くなりますので虫歯になりやすいといわれています。虫歯の原因となるショ糖の摂取量は普段以上に注意するべきところですが、マヌカハニーの高い殺菌作用には歯垢の付着をはじめ、歯肉炎や虫歯予防に効果的です。

妊婦さんにおすすめのマヌカハニーは?

ニュージーランド政府のブランドマークがおすすめ

マヌカハニーは、「奇跡のハチミツ」といわれるほど、高い効能があることで有名なハチミツです。健康や美容のために毎日の習慣で摂取している人も多いことでしょう。

マヌカハニーを販売しているメーカーはたくさんあり、その種類もさまざま。なかには、マヌカハニーと謳っていてもニセモノである場合もあります。

良質なマヌカハニーを見極める最善の方法は、ニュージーランド政府が認めているUMF、MGO、MGSのブランドマークが表記されているものを選びましょう。

マヌカハニーの種類おすすめは? MGOとUMFはどっちが良いの?

加えて、商品のラベルにロットナンバーが記されているマヌカハニーも信頼できます。

こちらは金蜜マヌカハニーUMF12+です。これに限らず、MGOやUMFといったマヌカハニーには、概ねロットナンバーが記されています

妊婦さんにおすすめのマヌカハニー
  • UMF、MGO、MGSのブランドマーク
  • ロットナンバー付き

この2つの条件を満たした本物のマヌカハニーであれば、「ニュージーランド産・100%天然素材・無添加無農薬」は当たり前です。妊婦さんが口にしても心配のない商品と言えるでしょう。

「エグモントハニー社マヌカハニー」の味や効果の感想 金蜜マヌカハニーUMF12+とは? 実食した味や効果の感想をレビュー MGO550マヌカハニーとは? 医療レベルと言われる蜂蜜を体感レビュー

価格は上から順に高値になっていきますが、数値も上がっていきますので、妊婦さんの体調や体質に応じて試してみてはいかがでしょうか。

UMF5+MGO100+MGS5+料理の隠し味に適する
UMF10+MGO250+MGS8+健康維持に適する※エグモンドハニー社マヌカハニー
UMF15+MGO500+MGS12+体調不良時に適する※金蜜マヌカハニー、MGO550+マヌカハニー
UMF20+MGO850+MGS16+喉の痛みがある時に適する
UMF25+MGO1100+MGS20+医療用としても使える抗菌力

【まとめ】

マヌカハニーを食べる食べないに関わらず、妊婦さんは糖質の摂り過ぎに十分注意したいものです。

妊婦さんの適正量というのは公式にありませんが、一般的なマヌカハニー摂取量(一日)は20~50mlです。ティースプーン1杯がおよそ5mlですので、一日に3~4回の摂取で合わせて15~20mlになることを理解しておきましょう。

いずれにしても、「食生活が大きく変化した」という妊婦さんは多く、なかには「妊娠してから体重が増えた」、「血糖値が高くなった」というケースも少なくないので、妊婦さんはマヌカハニー摂取によって糖分過多にならないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です