MENU

カテゴリー

おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニーを食べてうつ病が改善される可能性はある?

マヌカハニーの効果は、風邪予防、殺菌作用、のど痛ケア、整腸作用……など様々です。

ゆえに、「気持ちが重たい」、「気分が憂鬱」といったうつ病の症状も改善できるのか気になっているかたは多いのではないでしょうか?

このページでは、マヌカハニーとうつ病の関係についてご紹介します。

マヌカハニーを食べてうつ病が改善される可能性はある?

うつ病の患者数は、日本では100万人を超えていると言われています。「100人のうち3~7人がうつ病を経験したことがある」という調査結果も出ているほど、誰でもかかる可能性のある病気です。

マヌカハニーの安眠効果に注目

誰しもがなり得る可能性のあるうつ病。他人のこととは思えないほど現代人にとって、うつ病は身近な病気になっています。

マヌカハニーを食べてうつ病が改善される可能性はある?

ビッグベア

可能性はあります!
うつ病のおもな症状
  • 気分が重たい
  • 何をしても楽しくない
  • 何に対しても興味が湧かない
  • 眠れない
  • イライラする
  • 落ち着かない
  • 思考力が落ちる

このように、うつ病にはさまざまな症状がありますが、マヌカハニーにはうつ病の症状のひとつである「不眠」を解消してくれる効果が期待できます。

マヌカハニーが好影響を与える具体的な効果
  1. 副交感神経を優位に変える
  2. セロトニンの働きを整える
  3. ストレス対策ができる

副交感神経を優位に変える

私たちの身体は、「副交感神経が交感神経より優位に立つことで眠りやすくなる」と言われていますが、マヌカハニーはこの副交感神経を優位に変える役割を担ってくれます。マヌカハニーに含まれる成分のひとつであるアセチルコリンという神経伝達物質が副交感神経を優位に変えてくれます。

ビッグベア

副交感神経を優位に変えるには、マヌカハニーを就寝前に摂るのがベスト。とくに、ホットミルクに入れて身体を温めながらマヌカハニーを摂取することで、よりリラックスし、安眠しやすくなります。

セロトニンの働きを整える

マヌカハニーは、「安眠の元」と言われるセロトニンの働きを整えてくれる効果が期待できます。

セロトニンとは、朝に光を感じると分泌される神経伝達物質で、朝に太陽を浴びてからおよそ15時間後にセロトニンからメラトニンという睡眠に大切な物質に変化することで眠りに付きやすくなるのです。

ビッグベア

しかし、うつ病になるとこのセロトニンの働きが低下してしまうよ。セロトニンからメラトニンに変化しにくくなるので不眠になりやすいんだ。

マヌカハニーには、セロトニンを作る原料であるトリプトファンという成分が含まれています。このトリプトファンがセロトニンの生成を助けてくれる働きがあるので、夜になると眠りやすくなるのです。

ストレス対策ができる

ストレスが発生すると自然と胃腸が荒れやすくなるもの。ストレスから食生活が乱れる→胃腸が荒れる→身体に負担が掛かる――という悪循環に陥るケースが多いですが、マヌカハニーに含まれるグルコン酸メチルグリオキサールという成分は善玉菌と悪玉菌の数値を調整してくれ、胃腸の調子を整えてくれる働きがあります。

ビッグベア

マヌカハニーを摂ることで、お腹の不調によるストレスは軽減できるでしょう。ちなみに、セロトニンは別名「幸せホルモン」とも言われ、精神状態を安定させてくれる物質です。

うつ病の基本的な治療法

さまざまなことが起因してうつ病にかかってしまいますが、具体的にはどのような治療法があるのか、マヌカハニーとの関係も含めながら5つに分けてご紹介します。

休養 仕事や育児、人間関係などさまざまな原因で発生するうつ病ですが、まずは心を休めることが必要です。心を休めて、自分自身のペースを再度認識することでうつ病の改善が期待できます。マヌカハニーにはリラックス効果や、幸せホルモンであるセロトニンを整えてくれる効果があるので、気持ちの面を助けてくれます。

 

薬物治療 抗うつ薬により、脳内の環境を整えてうつを改善していきます。脳内の神経伝達系を薬によって整え、個人差はありますが、1~2週間程度で効果が現れると言われている治療法です。依存性はありませんが、便秘や眠気、頭痛といった副作用を発生する可能性があります。

 

カウンセリング 専門のカウンセラーに掛かることで、「話を聞いてもらえた」と言った感覚や「理解された」という気持ちが芽生え、自分自身の状況を客観的に見られるようになります。どのように治療していくのが本人にとって望ましいのかなど、今後についてもカウンセラーの方と一緒に考えていくことができます。

 

食事 健康的な食事を取ることで、胃腸の荒れを改善できます。また、セロトニンの原料となるトリプトファンを摂取できる食材ならば、幸せホルモンであるセロトニンを整えることも可能です。マヌカハニーであれば、整腸作用もあり、トリプトファンを摂取することができますね。

 

ウォーキング 適度な有酸素運動はセロトニンを発生させてくれます。集中力も高まり、ポジティブな気分にもなるため少しでも身体を動かすことが必要です。ずっと座って過ごしていた人ならば、ウォーキングでもかまわないので、運動をしてリフレッシュするとうつの症状の軽減も期待できます。

うつ病の治療としては、まずはやはり精神科や心療内科など、信頼できるドクター探しが重要になりますね。

うつ病にはどんなレベルのマヌカハニーがおすすめ?

マヌカハニーに含まれる成分のアセチルコリントリプトファンがうつ病の治療に役立ちます。こういった成分は、マヌカハニーの数値が高ければ高いほど高含有と言われていますので、アクティブマヌカハニーと呼ばれるUMF10+やMGO250+以上の商品を選びましょう。

あくまでも目安となりますが、以下はUMF、MGO、MGSの換算表です。

UMF5+MGO100+MGS5+料理の隠し味に適する
UMF10+MGO250+MGS8+健康維持に適する
UMF15+MGO500+MGS12+体調不良時に適する
UMF20+MGO850+MGS16+喉の痛みがある時に適する
UMF25+MGO1100+MGS20+医療用としても使える抗菌力

ビッグベア

マヌカハニーは、習慣化して食べることがとても重要です。
金蜜マヌカハニーUMF12+とは? 実食した味や効果の感想をレビュー マヌカハニーMGO400+(500g/マヌカヘルス社)の商品効能レビュー

【まとめ】

マヌカハニーを摂ることで、これらの具体的な効能が期待できます。

  1. 副交感神経を優位に変える
  2. セロトニンの働きを整える
  3. ストレス対策ができる

マヌカハニーには不眠を改善するアセチルコリントリプトファンといった成分が含まれますので、うつ病の症状のひとつである「不眠」には効果ができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です