MENU

カテゴリー

おすすめメーカーを調べる【初心者向け】

マヌカハニーで更年期障害のつらい症状は緩和できるの?

「万能薬」と言われるほど、マヌカハニーは様々な症状に適応する健康食です。世界では医療現場でも使用されるほどのパワーを発揮していますが、更年期障害にも効果があることはご存知でしょうか?

このページでは、マヌカハニーと更年期障害のつらい症状の関係性についてご紹介します。

更年期障害には積極的に摂り入れたいマヌカハニー

マヌカハニーで更年期障害の症状が緩和できるのか気になっている人は多いのではないでしょうか。結論から言えば「十分に期待できるレベル」と言えます。まずは、更年期障害のエトセトラを知ったうえで、マヌカハニーとの関係性について見ていきましょう。

そもそも更年期障害の原因はなに?

女性は閉経前後の期間に、卵巣の機能が低下します。そして女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が激減し、月経周期が乱れます。こうした身体の変化によってストレスが生じて脳が混乱した結果、自律神経が乱れやすくなりホルモンバランスを保てなくなります。

症状の強さには個人差がありますが、日常生活に支障をきたす重いレベルのものを「更年期障害」といいます。

更年期障害の主な症例
  • 肩こり、疲れやすい
  • 頭痛、のぼせ
  • 生理不順、ほてり、発汗
  • 腰痛、腹痛
  • 不眠、イライラ
  • 動悸、息切れ
  • うつ、不安感

早いかたでは40代でこれらの症状が現れます。

更年期障害の症状を緩和する方法とは

マヌカハニーは更年期障害の症状を緩和するひとつのアイテムに過ぎませんが、一般的な改善法としては有酸素運動や食生活が挙げられます。

有酸素運動
国内外の報告では散歩、水中歩行、ヨガなどの適切な有酸素運動を日頃から行うことが、更年期障害対策にとても有効であることが分かっています。更年期障害の症状を改善するためには、普段から血行を促進する有酸素運動を取り入れることをおすすめします。
食生活
「バランスの取れた食事」が重要です。様々な食材(野菜、肉、魚、乳製品など)をバランス良く食べることで体調が整い、心身の安定にも繋がります。常に自分の食事が主菜、副菜、主食のバランスが取れているか、日頃から食生活を意識しましょう。
医療、健康食品
医療機関を利用して更年期症状を緩和させる対策もあります。女性ホルモンであるエストロゲンを補う「ホルモン補充療法」や「漢方薬」を使う方法です。また、更年期障害を緩和させる市販薬やサプリメントもありますので、自分の体質にあった薬を、医師や薬剤師としっかり相談しながら見つけましょう。
アロマテラピー
「香り」の効果が更年期障害を緩和させることもわかっています。女性ホルモンと似た働きをするエストロゲン様作用のある精油を使うと、女性特有の症状を和らげてホルモンバランスの調整に期待できます。クラリセージ、ローズ、ゼラニウム、イランイラン、ネロリ、ラベンダーといった精油が更年期の不調に役立つと言われています。

マヌカハニーで更年期障害対策! ポリフェノールとビタミンEがカギ

高い抗菌作用をもつマヌカハニーは、有効成分「食品メチルグリオキサール」がとても有名です。しかし、マヌカハニーには「食品メチルグリオキサール」以外にも180種類以上の豊富な栄養素が入っていて、そのなかには更年期障害にも効果が期待できる成分もありますのでここでご紹介します。

活性酸素の動きを食い止める「ポリフェノール」

ポリフェノールは抗酸化作用に優れた成分ですので、卵巣機能低下の原因である活性酸素の動きを食い止める作用があると言われています。マヌカハニーにはポリフェノールが大量に含まれていますので、体内で女性ホルモン同様の働きをします。マヌカハニーを摂ることでホルモンバランスが改善され、局所的な痛みや加齢に伴う機能低下を効果的に抑制してくれます。更年期障害で起こりうる様々な症状の緩和に期待できるでしょう。

血行促進作用が期待できる「ビタミンE」

ビタミンEは、女性ホルモンを整える血行促進作用があることで知られています。このビタミンEもマヌカハニーに多く含まれる栄養素のひとつで、血流改善や血行促進に効果的だと言われています。豊富なビタミンEを含むマヌカハニーを日常生活に取り入れることで更年期障害の症状を緩和することが期待できます。

MEMO
マヌカハニーにはミネラルやクエン酸などの成分も豊富に含まれているため、更年期障害でみられる肌荒れや胃腸の不具合などの症状も和らげる研究報告も発表されています。

 更年期障害には、どのレベルのマヌカハニーが合うの?

「更年期障害対策に合うマヌカハニー」は気になるところですが、とくにどの数値レベルが効果的ということは報告されていません。

マヌカハニー商品に表示されている数値は、あくまでもメチルグリオキサールの含有量(MGO)フェノールと比較した数値(UMF)ですので、ポリフェノールやビタミンEなども高含有かどうかは分かりません。

ちなみに、たとえば、UMFの値には5+、10+、15+、20+、25+などがありますが、+10以上のものは「アクティブ・マヌカハニー」と呼ばれ、ニュージーランドの医療現場で使われるほど殺菌力が高いです。

マヌカハニーは無理なく長く続けるということが重要になりますので、ご自身に好みに合ったマヌカハニーを見つけて試してみてはいかがでしょうか。

マヌカハニーのおすすめメーカーを厳選【初心者向けベスト5】

【まとめ】

一般的には、年齢が40代になると体力的にも低下して、更年期障害の症状を引き起こしやすい体質になってきます。有酸素運動や食生活の見直しにプラスして、マヌカハニーを取り入れることもつらい症状を緩和する近道になるのではないでしょうか。

ちなみに、知人の女性(62歳)は、更年期障害時から現在もマヌカハニーの摂取を続けていて、婦人科に行くと「卵巣がとてもきれいですね」と言われるそうです。効果の期待値は人それぞれですが、十分に期待できるレベルと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です